• PICK UP!

    NOZOMI PAPER Factory EXHIBITION
    「 NPF_Erina / MONOTOWN 」

    NPF_Erinaが描くモノトーンの街の風景が、

    心地よいカフェスペースに展開されます。

     

    【NPF_Erina / MONOTOWN】

    会期|2018年12月8日㊏より
    会場|NEWS STAND SATAKE @南三陸さんさん商店街内
    お問い合わせ|0226-46-5129(のぞみ福祉作業所)

     

    NOZOMI PAPER Factory

  • PICK UP!

  • PICK UP!

    書籍『takeo paper show 2018 precision 精度を経て立ち上がる紙』

    2018年6月に開催された東京展の様子と、9組のクリエイターが挑んだ
    新しいファインペーパーの制作過程が、写真と豊富なテキストで構成されています。

    UMA原田さんの作品とともに、NOZOMI PAPER Factoryについても触れていただきました。

    装丁もとっても素敵な本になっています。どうぞご覧ください。

     

     

    定価:2800円(税別)

    B5判/272ページ/小口三方シルク印刷

    ISBN 978-4-908062-24-7 C0070

    発行元:株式会社竹尾

    発売元:HeHe

     

      株式会社竹尾

  •  HUMORABO? 

    「 福祉とあそぶ 」をテーマに、デザイナー夫婦ならではの二つの視点で、

    社会と福祉の楽しく新しい関係を探ります。

    HUMORABO ( ユーモラボ )

    designer

    前川雄一( mu )と亜希子( ma )による夫婦デザインユニット。

    2007年のエイブルアート・カンパニーとの出会いをきっかけに、障害のある人が関わる商品を集めたショップ HUMORAのディレクションを担当。福祉商品の企画・販売を通じてその魅力と課題を実感。デザイン × 福祉のさらなる可能性を探るため、2015年よりユニットとして活動を開始しました。

     

     

    @humorabo_tw をフォローする

  •  

     HELLO! 

     

    デザイン × 福祉 の 新たな可能性を一緒につくりましょう!

  • CONTACT

    ご不明な点やご質問がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

  • SUPPORTER 募集中 !

    NOZOMI PAPER Factory SUPPORTER 募集 !

     

    東日本大震災から6年。

     

    NOZOMI PAPER Factory( 略してNPF )の母体となるのぞみ福祉作業所が

    いよいよ施設再建に向け動き始めます。

     

    そこで、NPFのブランディングを担当しているHUMORABOが中心となり

    NOZOMI PAPER Factory SUPPORTER ( 略してNPFS )を立ち上げました。

     

    NPFとしての活動の場を < F A C T O R Y > と名付け

    「 制作と創作の場 」「 社会に開いた環境 」 を目標に、その活動を応援します。

     

    まずは、NPFを応援するサポーターグッズの販売や施設再建の動きを発信していきます。

     

    NPFSは、支援をする、されるという関係だけではない

    NPFの仲間として、ともに楽しむことができる関係づくりを目指します。

     

     

    詳しくはこちら → NOZOMI PAPER Factory

     

  • NOZOMI PAPER Factory × HUMORABO

     

     

  •  NOZOMI PAPER Factory × ATELIER PHANTOM 

    M O A I _ K E Y H O L D E R

All Posts
×