Return to site

takeo paper show 2018 「precision」

48回目を迎えるtakeo paper show 2018。

今回は「precision / 精度」をテーマに掲げ,

新しいファインペーパーのあり方を提案しています。

「上品な」「洗練された」「品質の優れた」という意味をその名の源にもつファインペーパーは,

人の感性に訴える素材であると同時に,

正確さや緻密さといった「精度」を備えたマテリアルでもあります。

美術,プロダクト,グラフィック,テキスタイルなど,

国内外で活躍するクリエイターが「precision / 精度」の観点から,

新たなファインペーパーの可能性を探り、

作品として展示しました。

今回NOZOMI PAPER FactoryとHUMORABOは、

デザイナー・原田祐馬さんの作品制作のお手伝いをさせていただきました。

GOOD JOB! AWARDがご縁でお声がけいただいた今回の企画。

原田さん始め、UMAの津田さん、竹尾の細谷さんも南三陸まで来てくださいました!

紙すきを教えるのはメンバーの仕事。

褒め上手な正三さんに教わりながら、自分たちの手でサンプルを作っていきます。

料理番組のようですが、紙すき中です。

何度も南三陸に足を運んでいただき、完成した展示がこちら。

廃盤になった竹尾の紙から、紙をつくりました。

紙のタネたち。美味しそう、という声もちらほら。

紙から紙、のサンプルたち。圧巻です。

NOZOMI PAPER®︎の売りでもある耳。洋紙とはまた違う趣きが生まれます。

変形和紙の技術を使って、ペーパーナイフも。石器をイメージした形がとても可愛い。

本当にたくさんの人が!色々な方に見ていただけて嬉しい!

南三陸からのぞみ福祉作業所のスタッフも上京。生で見てもらうことができて本当によかった。

記念撮影。

紙の新しい可能性を探る素晴らしい機会をいただき、

NOZOMI PAPERも新たな扉が開けた気がします。

原田さん、津田さん、竹尾の皆さん、本当にありがとうございました!

takeo paper show 2018  precision

開催日時:2018年6月1日|金|2日|土| 3日|日|
6月1日・2日11:00 ― 20:00/3日 11:00 ー 17:00

開催場所:スパイラルホール (東京・青山)

〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23

入場料:無料

 

http://www.takeopapershow.com

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly