まっしろな、一枚のはがき。

ここにはたくさんの人たちのあたたかい気持ちが詰まっています。

震災をきっかけに出会えた皆様、紙パックを送ってくださる方々、

様々なかたちで支援してくださる人たち。

みなさんの想いを、手漉きの紙にぎゅっと凝縮して生まれたはがき。

だから、やさしい手触りで、ふっくらと分厚いのです。

はがきのうえに生まれる言葉たちが、誰かに届き、

「こんにちは」「お元気ですか?」「いつもありがとう」を

伝えてくれる。

それは、この世界がちょっと幸せになる瞬間。

そんなふうに幸せのお手伝いができたとすれば、

ちょっと恩返しができたようで、私たちは、とてもうれしい。

まっしろなはがきには、

無限の可能性が詰まっていると思えるのです。

まっしろな紙から、未来がはじまる。

NOZOMI PAPER Factory

HUMORABOが活版TOKYOで販売する

NOZOMI PAPERの商品たち。

それはただのリサイクルペーパーではなく

支援する人、される人、様々な人たちの想いがぎゅっと詰まって

みんながつながっていくためのツールとなるのです。

7/1の金曜日は、のぞみ福祉作業所のスタッフも南三陸より上京します。

NOZOMI PAPERに込められたストーリー、

ぜひ直接聞きに来てください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly